人気ブログランキング | 話題のタグを見る

33-44 感染症の感染経路に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1)結核は、空気感染である。

2)コレラは、水系感染である。

3)アニサキスは、いかの生食で感染する。

4)風疹は、胎児に垂直感染する。

5C型肝炎は、経口感染である。


〇(1)結核は、空気感染である。

 結核の主な感染経路は、飛沫核感染(空気感染)である。飛沫核感染とは、飛沫の水分が蒸発し、飛沫中の結核菌が飛沫核となって空気中をただよい、それを吸入することで 感染することである。


〇(2)コレラは、水系感染である。

 水系感染とは、水を介して感染することである。コレラは、消化管に感染したコレラ菌が産生するコレラ毒素によって水溶性下痢(コメのとぎ汁様)が出現する疾患である。コレラ菌に汚染された水や食物を摂取することで感染する。


〇(3)アニサキスは、いかの生食で感染する。

 アニサキスは寄生虫(線虫)の一種で、その幼虫はサバ、アジ、サンマ、カツオ、イワシ、サケ、イカなどの魚介類に寄生している。よって、イカなどの生食で感染する。アニサキス摂取後、数時間後から十数時間後に、激しい腹痛、悪心、嘔吐が出現する。


〇(4)風疹は、胎児に垂直感染する。

 ヒトからヒトへの感染、または動物からヒトへの感染を水平感染という。これに対し母体から胎児(胎盤)、新生児(出産時)、乳児(授乳時)へ感染することを垂直感染(母子感染)という。風疹は風疹ウイルスの感染症で、妊婦に感染することで胎児に先天性風疹症候群を引き起こし、白内障、動脈管開存、感音性聴覚障害、精神発達遅延などが出現する。


×(5C型肝炎は、経口感染である。

 C型肝炎は、C型肝炎ウイルスによる感染症で、血液を介して感染する血液感染である。経口感染する肝炎ウイルスは、A型肝炎ウイルスである。


正解(5


# by kanri-kokushi | 2023-01-25 13:16 | 第33回国家試験 | Comments(0)

33-43 免疫・アレルギー疾患とその特徴的な症候の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

1)急性糸球体腎炎 - 低血圧

2)強皮症 - 蝶形紅斑

3)シェーグレン症候群 - 唾液分泌低下

4)パセドウ病 - 体重増加

5)橋本病 - 眼球突出


×(1)急性糸球体腎炎 - 高血圧

 急性糸球体腎炎の原因の約80%は、上気道のAβ溶血レンサ球菌感染である。感染12週間後、免疫複合体が糸球体基底膜に沈着して糸球体に炎症を起こすこと糸球体濾過量が急激に減少する。水とナトリウムの排泄障害により体液量が増加するので心拍出量が増加して血圧が上昇する。


×(2)強皮症 - 皮膚硬化

 強皮症は、皮膚と内臓(肺、心臓、消化管など)の線維化が進行する疾患である。皮膚硬化により仮面様顔貌が出現する。蝶形紅斑は全身性エリテマトーデス(SLE)でみられる皮疹である。SLEに特徴的な皮疹は、他に円盤状紅斑(ディスコイド疹)がある。


〇(3)シェーグレン症候群 - 唾液分泌低下

 シェーグレン症候群は、自己免疫反応により慢性唾液腺炎、乾燥性角結膜炎を起こす疾患で、乾燥性角結膜炎(ドライアイ)、口腔内乾燥症(ドライマウス)が出現するので、唾液分泌は低下する。


×(4)パセドウ病 - 体重減少

 バセドウ病は、甲状腺濾胞細胞上のTSH受容体に対しする自己抗体によって引き起こされる自己免疫疾患である。自己抗体は、甲状腺を持続的に刺激して甲状腺ホルモンを過剰に分泌させて甲状腺機能亢進症が出現する。甲状腺ホルモンは基礎代謝を亢進させるのでエネルギー消費量が増加し、体重は減少する。


×(5)橋本病 - 眼球突出

 橋本病は、甲状腺組織に対する自己抗体が産生され、甲状腺の慢性炎症を引き起こす疾患である。炎症により甲状腺組織を破壊されるとホルモン産生が低下して甲状腺機能低下症が出現する。基礎代謝が低下し、体重増加、皮膚の乾燥、むくみ(粘液水腫、圧痕を残さない、ムコ多糖類の沈着)などが出現する。眼球突出は、バセドウ病でみられるメルゼブルグ三徴(①眼球突出、②びまん性甲状腺腫大、③頻脈)の一つである。


正解(3


# by kanri-kokushi | 2023-01-25 11:46 | 第33回国家試験 | Comments(0)

33-42 免疫グロプリンに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

11本のH鎖と1本のL鎖から構成される。

2)液性免疫を担当する。

3)血中に最も多く存在するのは、IgEである。

4)母乳中に最も多く存在するのは、IgMである。

5IgAは、胎盤を通過する。


×(12本のH鎖と2本のL鎖から構成される。

 抗体の基本形は2本のH鎖と2本のL鎖から構成される。1本のH鎖と1本のL鎖がS-S結合でつながり抗原との結合部位を構成する。これが2つ集まりL鎖どうしがS-S結合でつながって抗原との結合部位を2つ持つY字形の抗体ができる。IgGIgEIgDは基本形の1量体である。IgAは基本形2つが結合した2量体である。IgMは基本形5つが結合した5量体である。抗原結合部位が多くなると抗原を凝集する力が強くなる。


〇(2)液性免疫を担当する。

 免疫とは、「自己と異なるもの(非自己)を認識して、排除すること」である。非自己である抗原に対して主に抗体産生により排除する免疫を液性免疫という。ウイルスに感染した細胞や腫瘍細胞を細胞傷害性T細胞が攻撃して排除する免疫を細胞性免疫という。


×(3)血中に最も多く存在するのは、IgGである。

 IgGは血漿中で最も多い抗体である。胎盤を通過するので出生時のIgGは母親由来である。自分で産生するIgGの血中濃度は56歳頃に成人と同レベルに達する。IgMは抗原が侵入したとき、最初に作られる抗体である。1歳頃に成人と同レベルに達する。IgAは分泌液(涙、唾液、腸液、乳汁(特に初乳)など)の中に多く含まれる抗体である。10歳頃に成人と同レベルに達する。IgEは肥満細胞に付着し、即時型アレルギーに関与する抗体である。IgDB細胞表面の抗原受容体である。


×(4)母乳中に最も多く存在するのは、IgAである。

IgAは分泌液(涙、唾液、腸液、乳汁(特に初乳)など)の中に多く含まれる抗体である。


×(5IgGは、胎盤を通過する。

IgGは胎盤を通過するので出生時のIgGは母親由来である。


正解(2


# by kanri-kokushi | 2023-01-25 11:07 | 第33回国家試験 | Comments(0)

33-41 貧血に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

1)ビタミンB6欠乏は、巨赤芽球性貧血をきたす。

2)銅の欠乏は、再生不良性貧血をきたす。

3)溶血性貧血では、ハプトグロビン高値となる。

4)腎性貧血では、エリスロボエチン高値となる。

5)鉄欠乏性貧血では、不飽和鉄結合能(UIBC)高値となる。


×(1)巨赤芽球性貧血をきたすのは、ビタミンB12欠乏である。

 骨髄の中の赤芽球のDNA合成が障害されることにより細胞分裂が遅れる一方で、ヘモグロビン合成が進行することで大きな赤芽球が出現する。この大きな赤芽球を巨赤芽球という。DNA合成の材料であるチミンの合成には葉酸代謝か関与しており、葉酸代謝にはビタミンB12が関与している。よって、ビタミンB12欠乏ではDNA合成が障害され、骨髄に巨赤芽球が出現する。巨赤芽球の多くは骨髄内で崩壊する髄内溶血を起こすので末梢血の赤血球が減少して貧血が出現する。ビタミンB6は、ポルフィリン合成の律速酵素であるアミノレブリン酸合成酵素の補酵素である。ビタミンB6欠乏ではポルフィリン合成が障害されるので低色素性貧血が出現する。


×(2)再生不良性貧血は多能性造血幹細胞の障害によって起こる。

 銅は様々な酵素活性や代謝に関与しており、銅欠乏症では神経障害や貧血が出現する。貧血では悪性貧血との鑑別が必要とされているが、必ずしも大球性貧血になるとは限らない。再生不良性貧血は多能性造血幹細胞の障害によって起こる貧血ですべての血球が減少する汎血球減少症が出現する。貧血は正球性正色素性貧血で、骨髄低形成が特徴である。


×(3)溶血性貧血では、ハプトグロビン低値となる。

 ハプトグロビンは、ヘモグロビンの輸送たんぱく質である。溶血により赤血球から放出されたヘモグロビンはハプトグロビンを結合したヘモグロビン‐ハプトグロビン複合体は、網内系の細胞に取り込まれて分解される。溶血性貧血では、ヘモグロビンを処理するためにハプトグロビンが消費されるので血中濃度は低下する。


×(4)腎性貧血では、エリスロポエチン低値となる。

 エリスロポエチンは、腎臓から分泌されるサイトカインで、骨髄の造血幹細胞に働いて赤血球への分化と増殖を刺激して赤血球を増加させる。腎臓を流れる血液の酸素分圧が低下すると分泌が促進する。アスリートの高地トレーニングでは血中酸素濃度が低下するのでエリスロポエチンが高値となって赤血球数が増加する。赤血球の寿命は120日なので平地におりてきてもしばらくは赤血球が多い状態が持続するので酸素運搬能力が高い状態が維持される。腎性貧血とは、なんらかの腎疾患が原因となってエリスロポエチンの分泌が低下して貧血になるものなので血液中のエリスロポエチン濃度は低値となる。


〇(5)鉄欠乏性貧血では、不飽和鉄結合能(UIBC)高値となる。

 血液中の鉄は、トランスフェリンに結合して運搬される。血液中のトランスフェリンの鉄結合部位すべてに鉄が結合したとき、つまり鉄で飽和したときの鉄の量を総鉄結合能(TIBC)という。通常はTIBC1/3程度に鉄が結合している。血液中のトランスフェリンの鉄が結合していない部分、つまり鉄が飽和していない部分に結合できる鉄の量を不飽和鉄結合能(UIBC)という。TIBCUIBC、血清鉄の関係は、TIBCUIBC+血清鉄である。鉄欠乏性貧血ではTIBCが増加し、血清鉄が減少するのでUIBCは高値になる。


正解(5


# by kanri-kokushi | 2023-01-23 22:09 | 第33回国家試験 | Comments(1)

33-40 生殖器の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

1)卵巣は、卵胞刺激ホルモンを分泌する。

2)子宮は、底部で膣と連続している。

3)子宮内膜の増殖は、エストロゲンで促進される。

4)前立腺は、内分泌腺である。

5)精子は、精嚢で作られる。


×(1)卵胞刺激ホルモンを分泌するのは下垂体前葉である。

 卵胞刺激ホルモンは下垂体前葉から分泌されるホルモンである。卵胞刺激ホルモンは、卵巣の卵胞を刺激して卵胞を成熟させると同時に、卵胞細胞のエストロゲン分泌を促進する。エストロゲンは卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌を負のフィードバックで抑制しているが、一定の濃度を超えると正のフィードバックによる黄体形成ホルモンの急激な分泌増加(LHサージ)を起こす。LHサージがきっかけとなって排卵が起こり、残りの卵胞は黄体となる。黄体は黄体形成ホルモンの刺激を受けてプロゲステロンを分泌する。


×(2)子宮は、子宮頸で膣と連続している。

 子宮は逆三角形の形をしている。上部2/3を子宮体とう。子宮体の上端の幅広い部位を子宮底といい、両サイドは卵管につながっている。子宮の下部1/3を子宮頸という。子宮体と子宮頸の境界のくびれている部位分を子宮峡部という。子宮の内腔と膣は子宮頸管でつながっている。子宮頸の下端で膣の中に突き出ている部分を子宮膣部という。


○(3)子宮内膜の増殖は、エストロゲンで促進される。

 月経のあと、卵胞刺激ホルモン作用で成熟する卵胞から分泌されるエストロゲンの作用で子宮内膜は増殖する。卵巣の卵胞期に対応した期間を子宮の増殖期という。排卵後は、黄体から分泌されるプロゲステロンの作用で増殖した内膜が維持され、受精卵の着床に備える。卵巣の黄体期に対応した期間を子宮の分泌期という。


×(4)前立腺は、内分泌腺である。

 前立腺は、射精時に尿道に粘液を分泌する外分泌腺である。


×(5)精子は、精巣で作られる。

 精子は、精巣の精細管の中で作られる。精嚢は射精時に尿道に粘液を分泌する外分泌腺である。精嚢の導管は、精管が尿道に合流する手前で精管に合流する。精管と精嚢の導管が合流して尿道に合流するまでの間を射精管という。


正解(3


# by kanri-kokushi | 2023-01-12 16:49 | 第33回国家試験 | Comments(0)