人気ブログランキング | 話題のタグを見る

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

33-30 胆汁と膵液に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

1)胆汁は、胆嚢で産生される。

2)胆汁は、リバーゼを含む。

3)胆汁は、脂肪を乳化する。

4)膵液は、膵島(ランゲルハンス島)から分泌される。

5)膵液は、酸性である。


×(1)胆汁は、肝臓で産生される。

 胆汁は、肝臓で産生される。肝細胞で産生された胆汁は隣り合った肝細胞の間につくられる細胞間胆細管に分泌される。細胞間胆細管は合流して小葉間胆管に流れ込み、さらに左右の肝管、総肝管となって肝臓外へ出る。総肝管は胆嚢から出る胆嚢管と合流して総胆管となり、主膵管と合流して十二指腸のファーター乳頭に開口する。ファーター乳頭開口部には、オッディ括約筋がある。


×(2)胆汁は、リパーゼを含まない。

 胆汁の成分は、胆汁酸、胆汁色素(ビリルビン)、レシチン(リン脂質)、コレステロール、カルシムなどである。胆汁酸はコレステロールから生成される。胆汁色素はヘモグロビンの構成成分であるポルフィリンの代謝産物である。胆汁に含まれる脂質のうち50%が胆汁酸、44%がレシチン(リン脂質)、4%がコレステロール、2%が胆汁色素である。

 胆汁には、リパーゼのような消化酵素は含まれていない。リパーゼは膵臓から分泌される消化酵素である。


〇(3)胆汁は、脂肪を乳化する。

 胆汁酸とレシチンは水になじみやすい親水性の部分と脂質になじみやすい脂溶性の部分を併せ持つ両親媒性の化合物である。お饅頭の皮のように内部に脂肪を入れてその周囲を取り囲んで水に溶ける粒子を形成する。これを乳化(ミセル化)という。脂肪が乳化するとリパーゼは働きやすくなるので、食物中の脂質の消化吸収を促進する。


×(4)膵液は、腺房細胞から分泌される。

 膵臓の組織は外分泌腺と内分泌腺からなる。外分泌腺は消化酵素を分泌する腺房細胞で構成されている。膵島(ランゲルハンス島)は、インスリンやグルカゴンを分泌する内分泌腺である。

 膵液に含まれる消化酵素は、糖質を分解するα-アミラーゼ、たんぱく質を分解するトリプシン、キモトリプシン、エラスターゼ、カルボキシペプチダーゼなど、脂質を分解するリパーゼが含まれている。その他、胃液を中和する重炭酸イオンが含まれている。


×(5)膵液は、アルカリ性である。

 膵液は、重炭酸イオンを含むアルカリ性で、酸性の胃液を中和する。


正解(3


by kanri-kokushi | 2022-02-18 11:15 | 第33回国家試験 | Comments(0)